車の名義変更のやり方をまとめしました|譲渡・譲受の移転登録

車 名義変更

車をお友達に売るときなど自動車の名義変更については「道路運送車両法」で決まっています。国のホームページを見ても言葉が難しい部分があるのでまとめてみました。

 

名義変更のときに車を渡す側受け取る側で「必要な書類」、「手続きの方法」について解説していますので参考にしてみてください。

 

税金・保険などトラブルの元になりますので手続はお早めに

 

ちょっと話はソレますが、トラブルといえばお友達に車を売るときの金額ではないでしょうか?思わぬ高額になってあとでモメても大変ですから、あなたの車の売価が妥当なのかいっぺんガリバーでチェックしておくと良いと思います。ガリバーオンライン無料査定がカンタンでおすすめです。ガリバーのほうが高かったらガリバーで売っちゃいましょう(笑)

 

申請に必要な手順

 

各地の運輸支局か、検査登録事務所(いわゆる陸運局)にて申請をします。以下のステップに従って進んでいきましょう。

 

 ・・・ 旧所有者が用意するもの

 

 ・・・ 新所有者が用意するもの

 

 

としています。

 

 

自動車検査証

車検の有効期間があるものを準備しまう。通常車のダッシュボードにしまってあるか、自宅にしまってあると思うので用意しておきましょうね。

 

印鑑

車は資産です。通常、資産を譲渡するときには必ず印鑑が必要になってきます。STEP3の印鑑証明書で使う印鑑(実印)を用意します。

 

印鑑証明書

現住所の市区町村役場で登録&取得を行います。STEP2の印鑑身分を証明するもの(免許証/パスポート/住基カード)を持って行って申請をすれば10分ほどで登録証と印鑑証明書を受け取ることができます。

 

発行後3ヶ月以内のものでなければいけません。

 

自動車保管場所証明書

通称「車庫証明書」。保管場所(車庫)を管轄する警察署で申請し、証明を受けたもので発行後1ヶ月以内の証明書。

 

譲渡証明書

車の譲渡を証明する書類ですね。国土交通相のホームページから様式をダウンロードできます。↓こちらのサイト下部からダウンロードしましょう。

 

http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/toroku/index.htm

 

ここまで揃えたら最寄りの陸運局へ行きます

STEP5までの書類 【新・旧所有者2つとも】 を揃えて陸運局(運輸支局、検査登録事務所)にて手続きを開始します。現場にいけば案内者がいるので「車の名義変更について教えて下さい」と問い合わせをするとスムーズにSTEP6、STEP7の手続きが進みます。

 

※新所有者と一緒にいけない場合は、代理の形になるので旧所有者だけで手続きを行います。その際は「新所有者の委任状」が必要になってきます。委任状は国土交通相のホームページから取得できます。

 

手数料納付書

各地の運輸支局、検査登録事務所に置いてあるので申請のときに購入して提出すればよい。

 

加えて「自動車検査登録印紙」が必要になってくるのでその場で購入して添付すること。

 

各地の登録所は(http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/sikyoku/index.htm)にてチェックされたい。

 

申請書

各地の運輸支局、検査登録事務所にて申請書に記入して全てをそろえて提出すること。

 

 

以上のような流れで車の名義変更の手続きが完了します。
ちょっと面倒ではありますが、旧所有者も新所有者も協力して手続きをすませましょうね。

 

[当サイトは2013年12月時点の情報をまとめたものです。正式な手続きは管轄の陸運局に問い合わせを]

 

愛車を手放したあとは?? - ピックアップ情報

いま自家用車を持つよりも維持費がかからないということで2011年から急速に伸びているのがカーシェアリングです。チョイ乗りが多い人は維持費もかからずむちゃくちゃ活用できます!特徴を書いてみると

 

◯近くの無人カーステーションからカードをかざして借りるだけ  ◯ガソリン代不要  ◯保険・車検が不要
◯15分200円  ◯駐車場代無し  ◯税金無し

 

と、ちょい乗りを多用する人にはかなりメリットがあります。業界でもカーシェアを進めてるのはタイムズカーシェアリングが有名ですが、この業界自体が始まったばかりなので、WEB入会限定の無料期間の大放出を行なうこともあります!おもに都心部で急速に利用者が増えているので、自家用車を手放した方にもおすすめですね。